ノンホールピアス「ぴあり」は一日中着けていても痛くなりにくい、引っぱってもはずれにくい、ピアスの穴が開いていなくても楽しめる、ピアスのようなスマートな新感覚イヤリングです。目立ちにくい0.5mmの細い特殊金属が一定の幅をしっかりとキープし、高品質ウレタンで優しく耳たぶを挟むことで痛くなりにくく、落ちにくいイヤリングを実現しました。同じデザインでピアスもご用意しています。

予約販売の受付は終了いたしました 百人一首×PIARI シリーズ

2022年2月23日(水・祝)昼12時受注開始

(数量限定・オンラインストアのみ取扱い)
こちらは受注製作の商品です。お届けは4月下旬頃です。

限られた職人だけで製作しているためすべて数量限定となりますが、
この機会にぜひお楽しみいただければ幸いです。

▶ 百人一首シリーズ一覧はこちら

シリーズ第八弾となる、百人一首×PIARI
百人一首の歌からイメージして作られた京ガラスのぴありは、ご注文いただいてから、ガラス職人が丁寧に焼き上げるオーダースタイルでの販売です。


百人一首の歌から生まれる、京ガラス。
古来より伝わる百人一首の歌をイメージした、箔のような煌めきが美しい6色の京ガラス。
みずみずしくも爽やかさを感じさせる色合いが特徴です。


歌の詳細
京ガラス・百人一首×PIARI-series8-

ー歌の詳細ー

◆「わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり」
私の庵は都の東南にあり、平穏に暮らしております。ですが世間の人は、世を憂いて隠れ住む宇治山だと言っているのですね。

◆「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」
あなたとお別れして因幡の国へ行きますが、稲羽山の峰に生える松のように私の帰りを待つと聞いたなら、すぐにでも帰ってまいりましょう。

◆「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」
あなたの心の内が変わってしまったのか、私にはさぁ分かりません。ですが昔なじみのこの里では、梅の花が昔と変わらず良い香りをさせていますよ。

◆「忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな」
忘れ去られる私の身は何とも思いません。けれど、私をいつまでも愛すると神に誓ったあなたが、神罰で命を落とすことになったとしたらそれが惜しまれてなりません。

◆「世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手かなしも」
世の中は、いつまでも変わらずあってほしいものだ。渚を漕いでいく漁師たちの小舟が引き綱を引く、そんなごく普通の光景の切なくも愛しいことよ。

◆「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」
松帆の浦の夕なぎの時に焼いている藻塩のように、いくら待っても来ない人を想って、私の身はずっと恋焦がれているのです。

※弊社独自の解釈を掲載しています※


デイリーに使いやすい、小ぶりな京ガラス。
小ぶりでシンプルな一粒ガラスのぴありは、どんなシーンでも合わせやすく、お洋服のスタイルを問いません。

小ぶりな京ガラス

百人一首ぴあり限定チェーン「彩乃雲」
月のまわりにできる虹と雲をイメージしてデザインした、限定チェーン「月虹(げっこう)の輪」付きのものも数量限定で登場。透かし模様が大人っぽくも華やかな印象です。

限定チェーン「彩乃雲」

読み札をイメージした限定パッケージ。
百人一首をテーマにした、限定パッケージでのお届けです。
和風でありながら、どこかモダンなパッケージは、ギフトにもおすすめです。

限定パッケージ
(パッケージ等の仕様は一部変更となる場合が御座います)




5,000円以上で送料無料!  返品交換可能  メールマガジンご登録